美しい歯をつくるために歯科医院・審美歯科に通う

錠剤

歯科インプラントについて

歯科インプラントとは

歯科医院の診療内容でインプラントという文字をよく見かけるようになりました。これは、歯をなくした場合に利用できる新しいタイプの義歯のことで、歯肉に直接インプラント体と呼ばれる金属を埋め込みます。顎骨と金属が結着するため、しっかりと噛めることや他の歯と見劣りしないことがメリットとして挙げられます。インプラントとは元々は体内に埋め込まれる器具の総称ですが、日本では歯科治療におけるインプラントを指す場合がほとんどです。 このインプラント治療は健康保険が適用されないため、全額自費となります。そのため治療費が高額で、1本当たり30〜45万円程度が平均価格です。近年では技術の普及とともに格安で治療を行う歯科医院もあります。しかし、安すぎるクリニックでは術後の不具合に関する報告も出ていますので、信頼できる医師に執刀してもらうことが大切です。

日本におけるインプラントの歴史について

インプラント技術そのものの歴史はローマ時代にまでさかのぼるほど古いものですが、骨と金属が結合するという現象を応用した現在の治療法が広く知られるようになったのは、1980年代のことでした。日本ではじめてインプラントの手術が成功したのも1980年代のことだったのですが、一般的な治療法のひとつとして認識されはじめたのはここ数年での出来事です。 比較的歴史が浅いインプラント治療なだけに、今なお歯科医師によって技術に差があるのが実情です。インプラント治療が可能なクリニックでも、極端に症例数が少ないという場合も珍しくはありません。手術には一定の技術も必要ですので、治療を受ける際は、その医師のこれまでの経歴なども参考にする必要があります。