美しい歯をつくるために歯科医院・審美歯科に通う

錠剤

苦手な歯科治療

わたしは歯科がキライである。

子供のころは歯科は楽しい場所だった。歯科に行くために学校の部活をさぼれるのはうれしかったし、なによりどんな治療が口の中でおこなわれるかが楽しみだった。受け付けを済ませ、名前を呼ばれるまでは確かに緊張もしていたが、友人のお母さんがはたらいている歯科にかよっていたせいか歯科衛生士さんもみんな優しかった思い出がある。使われる薬も今思えば子供だましだったのかもしれないが、いちご味の薬やバナナ味の薬なんかがあって、行くたびに今日は何味の薬をつかうのか歯科衛生士さんに確認していたし、自分からこの味の薬にしてと頼んでいたこともあった。子供とはいえ迷惑なことをしていたと自分でも思うが、それでも衛生士さんは優しく対応してくれていたと思う。

そんな自分がなぜ歯医者をきらいになったのか。

きっかけになったと思われるいくつかの思い出がある。 まず一つ目は私は顎が小さく、小学生のとき生えて来れない歯があった。その歯は歯茎に埋まっていて、いつも行く歯科では抜くことができなかった。そこで隣町の病院の中にある口腔外科にいったのだが、この治療で歯科では生まれて初めて涙がでた。もうひとつは親不知をぬいたとき。親不知を抜くのは怖いという話を聞き緊張して口腔外科での記憶がよみがえってしまった。おまけに始めに行った歯医者では治療をはじめたものの抜くことができず、幼いころにいった例の隣町の口腔外科を紹介されてしまったのだ。ますます恐怖がつのる。そこでなんとか家の近くでいい歯医者はないか探して見つけた歯科が当たりだった。緊張こそしたが、短い時間で親不知がぬけたのだった。この歯医者のおかげで、なんとか歯科の印象は良くなったのであった。それにしても歯は本当に大事だとおもうこのごろだ。